*

なぜ借入れ金が必要か、といえば、自己資金が足りないから、と多くの人が答えるでしょう。企業経営には多額の資金が必要になります。例えば小さな飲食店であっても新規開店する場合、少なくとも1000万円は必要だと言われています。売上高との関係もありますが、必ずしも営業に関する投資額としては1000万円がとんでもなく多額であるとは言えません。しかし、マイホームの購入する時、1000万円の自己資金を持っている人は多くはありません。そう考えると投資金額としての1000万円は膨大な金額といえます。したがって借入れ金が必要になってくるのです。しかし、借入れがしなければならないのは、自己資金の不足があること、そして借りたものは返さなければならない、このことを忘れてはいけません。借入れを前提に依存した状態での経営はうまくいきません。商売は自己資金のスケールに合わせ、小資本であれば小さい商売から始めて大きくしていくという考え方でないと、万が一うまくいかなかったときに大きな犠牲をはらうことになりかねません。借入金で経営課題の解決をはかれることは、時間を稼げることです。経営課題の解決には多くの時間がかかります。借入金はその間資金不足を補って資金の順調な回転をはかるのです。しかし、注意すべき点は借入金の支払いが資金不足の主因となっている中小企業は少なくありません。そのような会社が資金不足を補うためにさらに借入れすると経営悪化の泥沼にはまり込むことになってしまいます。経営が悪化したら銀行に行く前に何が悪いのかをじっくり考えることが必要になってくると思います。